• はじめての方へ
  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問Q&A
  • お客様の声
  • 中尾明文堂について
  • 中尾明文堂へのアクセス
  • お問い合わせ
  • 買い物かご

芯持ち横目象牙、芯持ち象牙、横目象牙の開運印鑑

ホーム > 完全手彫り開運吉相印鑑

中尾明文堂ネット店の完全手彫り印鑑、手仕上げ印鑑は上野山有徳が作成しています。

中尾明文堂ネット店で販売している開運吉相印鑑は、一級印章彫刻技能士である4代目店主上野山有徳が彫刻しています。2012年には全国印章技術大競技会 木口密刻の部で日本一の賞を受賞、「一生が勉強」を胸に、毎年様々な展覧会に作品を作らせて頂いております。

一級印章彫刻技能士、上野山有徳による手彫り開運印鑑

完全手彫り印鑑と手仕上げ印鑑の違いとは

完全手彫り印鑑とは、印鑑を作る工程の最初(字入れ)から最後(仕上げ)まで、一切を完全に人の手で行う印鑑をいいます。手仕上げ印鑑とは、荒彫りの工程で機械を使い、仕上げを人の手で行う印鑑をいいます。 仕上がりの違いはよく見れば分かるのですが、一般的に見分けるのは難しいでしょう。

完全手彫り印鑑の印面

なぜかというと、展覧会などで上位に名を連ねている方々の手にかかれば、機械で荒彫りを行ったものであっても原型を留めないほどに時間を費やして手仕上げしているからです。そこには、やはり手彫りの彫刻技能士としての矜持があるからではないでしょうか。手仕上げとはいえ、実際に彫刻士がきちんと手仕上げをすれば1日に6〜7本ほどが限度です(手彫りとなれば、熟練度によりますが1日に3本程度となります)。

手仕上げ印鑑には、手彫り技術を余すことなく注ぎ込んでおります

手仕上げ印鑑は、前述した通り完全手彫り印鑑に比べて短時間で作ることが出来ます。つまり、作成時間が短い=価格が安くなるわけです。完全手彫り印鑑は所要時間からいって、どうしても高額になります。手仕上げ印鑑は、少しでも多くの人に、現実的な価格で(機械彫りに比べるとそれでも高額ですが)提供したいという想いから作成しております。

手仕上げ印鑑とは

正規の手彫り技術を会得している彫刻士であれば、手仕上げ印鑑だからと品質が劣ったり、拙いものになるということはございません。

一級印章彫刻技能士、上野山有徳が字入れから仕上げまで完全手彫り

字入れから仕上げまで完全手彫り

中尾明文堂ネット店では、これまで手仕上げの開運吉相印鑑を作成・販売してきましたが、度々頂戴する、「上野山さんに完全手彫りの開運吉相印鑑をつくって頂きたい」とのご注文にお応えするかたちで、限定販売を行わせて頂くことにしました。

平成22年に厚生労働大臣認定「一級印章彫刻技能士」の資格を取得してからこれまで、全国印章技術大競技会や九印連技術競技会、大印展といった印鑑の彫刻技術を競う場においては、手彫りの部門にて金賞を3度、最高位賞を2度受賞しました。こういった競技会においては、全て完全手彫りにて作品を作っております。

中尾明文堂では、代々完全手彫り印鑑をつくってきましたが、高額なため、ごく一部の手彫り派の方にのみ提供させて頂いてきました。しかし近年、ネット店においても、完全手彫りで開運吉相印鑑をつくってほしいというお声をいただくようになり、月に5本のみではありますが販売を開始させていただく運びとなりました。

完全手彫り開運吉相印鑑、作成の流れ

面摺り
朱打ち

其の一面摺り

完全手彫り印鑑、彫刻作業の最初の下準備です。面摺り(めんすり)板で印面を整え、平らにします。きれいな水平が出るように磨きます。

其の二朱打ち

朱色の墨を印面に打ちます。文字は黒い墨で書きますので、この朱色の下地部分を荒彫りしていきます。

割り付け
字入れ

其の三割り付け

文字を筆書きするために、印面に線を引きます。文字のバランスを取るための目安ですね。

其の四字入れ

まずは印稿(文字のデザイン)という下書きを作ってから、印面に墨で直接書いて行きます。文字を整えるために朱墨で墨のラインを修正しつつ仕上げていきます。

荒彫り(粗彫り)

其の五荒彫り

字入れの終わった印面を、いよいよ印刀を使って彫刻します。朱の部分を字入れに従って、丁寧に、かつ迅速に彫っていきます。私の場合、荒彫りの段階でほぼ仕上げに近い状態に持っていくので、仕上げよりもこの荒彫りに時間をかけているイメージです。というのも、荒彫りの完成度が高ければ仕上げ彫りが最小限で済むからです。骨格の完成度が高ければ、化粧は最小限で済むのです(故に手仕上げの場合は仕上げ彫りに時間がかかります)。

仕上げ彫り

其の六仕上げ彫り

仕上げ刀で文字と枠のラインを仕上げます。完全手彫り印鑑ならではの生命力溢れるラインはこの工程によって精度を増します。文字そのもの、文字と文字の接点、枠、枠と文字との接点、印材。印鑑全体をみながら1つの生命体をつくりあげるかのごとく最大限の集中力を持って彫っていきます。手仕上げと同じく、枠や細い文字には強度を持たせるため、深いところに行くにしたがって太くなるよう彫っております。こうすることで、人の寿命と同じ、それ以上の耐久性を持たせることを目指しているのです。

完全手彫り印鑑には、手彫りの工程を撮影したものを同封させて頂きます

完全手彫り印鑑の実演完全手彫り印鑑には、私、上野山有徳が手彫りを行っている証として、お客様の印鑑を手彫り彫刻している工程(荒彫り・仕上げ彫り)を撮影したものを同封させていただきます(※手仕上げ印鑑には写真はつきません)。

完全手彫り印鑑の証となるように、彫り終わった後ではなく、彫っている途中の写真を撮影しております(※機械での荒彫りではないことの証明になります)。

中尾明文堂・ネット店が、きちんと、誠実に一級印章彫刻技能士が刀を握って印鑑を最初から手彫り彫刻しているという証であります。

厚生労働大臣認定 一級印章彫刻技能士、全国印章技術大競技会 木口密刻の部で日本一に

四代目として店を継ぎ、2010年、一級彫刻技能士の資格を取得、2012年には全国印章技術大競技会 木口密刻の部において、世界文化遺産賀茂御祖神社宮司賞(最高位賞)を受賞いたしました。「一生が勉強」を胸に精進、現在も精力的に展覧会・協議会に作品を出展し、修行を続けております。

完全手彫り印鑑は私、上野山有徳が1本1本、印稿から手作業で作成させていただきます。職人の中ではまだまだ若手と見做される年齢ではありますが、印章彫刻への熱意と想いだけは自信があります。完全手彫り印鑑は手仕上げ印鑑に比べて完成まで倍以上の時間がかかるため、手仕上げ印鑑彫刻への影響を考えて本数を限定とさせていただく旨、予めご了承くださいませ。

平成21年 第57回 大阪府印章技術展覧会 褒賞第4席
平成22年 厚生労働大臣認定 一級印章彫刻技能士
平成22年 第58回 大阪府印章技術展覧会 角印の部 入選 
第58回 大阪府印章技術展覧会 密刻の部 褒賞
平成23年 第59回 大阪府印章技術展覧会 密刻の部 金賞
第59回 大阪府印章技術展覧会 技術委員長賞
第59回 大阪府印章技術展覧会 角印の部 褒賞
平成24年 第19回 全国印章技術大競技会 木口密刻の部 大会特別賞 第一位 世界文化遺産賀茂御祖神社宮司賞
第19回 全国印章技術大競技会 木口実印の部 銀賞受
第60回 大阪府印章技術展覧会 密刻の部 金賞受賞/大阪府中央会会長賞
第60回 大阪府印章技術展覧会 木口 実印・認印の部 銀賞
第60回 大阪府印章技術展覧会 木口密刻の部 無監査作家
平成25年 第38回 九印連技術競技会 実印の部 鹿児島県知事賞(九印連技術競技会最高位賞)
第38回 九印連技術競技会 角印の部 銀賞
第61回 大阪府印章技術展覧会 木口 実印・認印の部 金賞/全印協会長賞
第61回 大阪府印章技術展覧会 木口 角印の部 銅賞
  全国印章技術大競技会 無監査作家
平成26年 第20回 全国印章技術大競技会 木口角印の部 銀賞
第20回 全国印章技術大競技会 木口実印の部 銅賞
平成28年 第21回 全国印章技術大競技大会 木口実印の部 金賞
第64回 大阪府印章技術展覧会 大阪府知事賞
第28回 大阪府技能競技大会 大阪府知事賞

第19回全国印章技術大競技会 木口密刻の部にて、最高位となる世界文化遺産賀茂御祖神社宮司賞を受賞いたしました。

上野山有徳のプロフィールについてもっと詳しく

九星気学で完全手彫り開運吉相印鑑の印材をお選びください

生まれ年から、あなたの星を探してください

※1月1日〜2月3日までに生まれた方は前年生まれの方と同じです。 例/昭和56年2月3日生まれ → 昭和55年(二黒土星) / 昭和48年1月1日生まれ → 昭和47年(一白水星)

開運吉相印鑑における印材選びは、通常「九星気学」という占術にて、 生まれ年から適合する印材を決定します。九星気学は方位学ともよばれ、その人の生年月日から九星を割り出し、それと方位との関係で吉凶や運勢を判断し、運を開いていく方法です。九星気学で最大の特徴は「良い方位を知ってそこへ向かう」ことです。まずは生まれ年の「星」を見つけ、適合する印材をお選び下さい。

※該当の星に表示されている印材であれば、どれを選んで頂いてもOKです。 柘植印材 柘植印材 黒水牛印材 黒水牛印材 白水牛印材 白水牛印材 象牙印材 象牙印材

印鑑の用途とサイズを選ぶ

印鑑サイズ 13.5mm 15mm 16.5mm 18mm
男性 実印のおすすめ度 -
女性 実印のおすすめ度 -

ご希望の印鑑サイズをお選びください。完全手彫り開運吉相印鑑は実印のみとなります。印鑑サイズの目安については、下のイメージを参考にしてください。 男性は16.5mmまたは18mm、女性は13.5mmまたは15mmサイズがおすすめです。

15mmの実印イメージ 16.5mmの実印イメージ 18mmの実印イメージ 13.5mmの実印イメージ 15mmの実印イメージ 16.5mmの実印イメージ
15mm 16.5mm 18mm 13.5mm 15mm 16.5mm

柘植の手彫り実印

柘植の手彫り開運印鑑

柘植印材の手彫り実印イメージ柘植はツゲ科の木材で、国内産のものを薩摩本柘植(さつまほんつげ)といいます。
柘植印材は適度な堅さがあり、木目が緻密で光沢ある美しい印材です。 耐久性においては象牙や水牛には劣りますが、丁寧に使えば何十年も使える印材です。中尾明文堂では国産の最高級の薩摩本柘植のみを使用しています。長く使用すると茶色がかってくることもありますが、印相上では立派な吉相印材です。

柘植/男性の開運吉相印鑑
柘植/女性の開運吉相印鑑

黒水牛の手彫り実印

黒水牛の手彫り開運印鑑

黒水牛印材の手彫り実印イメージ黒水牛はベトナムを中心とした東南アジアの水牛の角を加工した印材です。 人の場合だと「爪」に当たります。黒水牛は朱肉との相性が良く、粘りがあり丈夫ですが、水牛の角はタンパク質で出来ているので、乾燥にあまり強くないので使用後はケースにいれて保管してして下さい。人気が高く、漆黒で存在感がある印材です。 当店では良質といわれる芯持ち印材のみを使います。

黒水牛/男性の開運吉相印鑑
黒水牛/女性の開運吉相印鑑

白水牛の手彫り実印

白水牛の手彫り開運印鑑

白水牛印材の手彫り実印イメージ白水牛は飴色の印材で美しく、人気の高い印材です。白水牛の角はタンパク質で出来ており、粘り強い性質を持った印材です。当店では、上質とされる芯持ち印材のみ使います。白水牛は希少な飴色の「純白」と、色の筋が入っている「色付き」がお選びいただけます。完全手彫り印鑑は「純白」印材のみとなります。白水牛の「純白」印材は、通常はグレー色の印材も純白として売られていますが、当店では美しい飴色にこだわり、通常の純白よりもワンランク上の印材「パールイエロー」を使っております。

白水牛印材の純白について
白水牛の「個性」を愉しむ

白水牛は色合いや模様、芯の大きさ、黒い小さな点など有り、個々に違います。人工的に造られた物は模様や柄は均一ですが、天然物の印材だからこそ価値があり、世界で1本の印材となります。

象牙の手彫り実印

象牙の手彫り開運印鑑

白水牛印材の手彫り実印イメージ象牙は象の牙で出来ており、ヒトでいえば「歯」の部分に当たります。 象牙は印鑑にとって最高の材質で、光沢や重量感に優れ、朱肉との相性も良く、印影がとても鮮明です。大変堅くて丈夫なので、一生どころか代々使えるほどです。長持ちし、変形や磨耗に強い象牙印材は実印に最適な印材です。美しさだけでなく、地上で最大最強、長寿の動物である象の牙は古来より魔除けの守護、繁栄のシンボルとして尊ばれてきました。 芯に最も近い「極上象牙」、中間層にあたる「特上象牙」、外周部分の「特選象牙」があり、完全手彫り印鑑では「極上象牙」、「特上象牙」からお選びいただけます。

象牙印材
象牙は芯に近くなるほど目が細かくなり、材質的にも丈夫になります

本物の象牙には独特の縞目があります。この縞目は外側ほどあらく、中心部に近づくほど細かくなります。材質的にも、中心部ほど目が細かく丈夫になります。中心部(芯部分)は牙の先端のわずかな部分で、芯持ちという印材は1本の牙から1、2本しかとれません。したがって、芯に近い部分の「極上」ほど貴重で高価になります。

上に戻る

お買い物ガイド

開運印鑑のご注文についてのご案内です。
ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ:0737-23-7567 FAXでのお問い合わせ:0737-23-7568

メールでのお問い合わせ

FAXでのご注文

Adobe Reader

印鑑、開運に関するお問い合わせ、ご質問はお気軽に!

お電話(0737824443)は平日午前9時から午後5時まで。

中尾明文堂 facebook

上に戻る

中尾明文堂について

高野山、熊野三山、熊野古道といった日本でも有数の霊的な聖地が存在する和歌山県、有田市(ありだし)において、明治29年創業、118年の歴史を持つ老舗です。初代店主は彫刻士「中尾勝次郎」でした。 2代目店主、上野山芳松が中尾勝次郎の下で修行をし、譲り受けた時から店の名前は変えず現在に至ります。 現在は一級印章彫刻技能士である、上野山有徳が4代目を引き継いでいます。代々引き継がれてきた印相や姓名学の知識と彫刻技術、霊的聖地の集まる和歌山にてご祈祷した印材。開運吉相印鑑を作るための条件が十分に揃っています。

開運印鑑をご注文されたお客様の声

黒水牛の銀行印13.5mm・認め印10.5mm【S様】
昨日、注文していた銀行印と認印が届きました。
包装や保証書などの書類は、とても丁寧で安心して購入できました。
また、質問メールにもすぐに対応していただき、初めての印鑑購入への不安もありませんでした。大変満足です。
これから大切に使いたいと思います。ありがとうございました。
白水牛(色付き)の銀行印12mm【T様】
中尾明文堂・ネット店ご担当 上野山さま

温かいご返信ありがとうございます。
あれから京都大学病院での手術なども成功し、
だいぶプレッシャーからの解放や今後の人生のハードルが低くなり、
落ち着き穏やかな日々が戻ってきました。

数日経って、落ち着いてから取引銀行さんにて
印鑑の変更手続きを行いました。
少し前は手先に痙攣などがあったため、
シャチハタのように押せる印鑑を使っていましたがそれを辞め
、御社の御作製いただいた印鑑を朱肉に馴染ませ、
捺印するといった手続きが数年ぶりでしたので、責任の重みを感じました。
おかげさまで、少しずつ社会復帰していけそうだ。人生の再幕開けに縁起のいい
買い物となりました。

重ねて感謝いたします。
これからもお世話になることがあるかと思います。
その際はまた何卒よろしくお願いいたします。
柘植の銀行印12mm・認め印10.5mm 柘植の手彫り実印13.5mm【N様】
無事に商品が到着しました。
凄く気に入りました。
早速、大安の日に印鑑登録をしに行きたいと思います。

大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。
柘植の認め印12mm【T様】
認印を一級彫師様にお願いしたTと申します。
無理を言って彫って頂き大変ありがとうございました。
今日届き御社の技術がとても素晴らしく、製造工程の写真や実物を見てとても気に入りました。とても良い芸術品でした。
又購入機会があればお願いしたいと思っております。
ありがとうございました。
黒水牛の銀行印12mm【S様】
中尾明文堂 ネット店 御中

昨日商品が届きました。
いつも素晴らしい印鑑を作っていただきありがとうございます。
また機会がございましたらよろしくお願い致します。
黒水牛の実印16.5mm・銀行印15mm 2本セット【O様】
お世話になります。
愛知県岡崎市のOです。
本日無事に商品届きました。お忙しい所、ご無理を言いましてすいませんでした。
無事に間に合いました。ほんとに助かり感謝です。
包装も鶴が付いていてすごいね〜と息子と言ってたんですよ。
何気ない所で温かみを感じました。
息子の就職に伴い、今月は引っ越しだの家電品だのと出品が重なりバタバタしてる我が家です。
数年前に、私と娘の銀行印を他店で作ってもらったのですが、印相がどうも良くないようなんです。
ですので、また年内中にそちらでお願いする予定です。その時はまたよろしくお願いします。
ほんとにありがとうございました。
白水牛(色付き)の実印13.5mm・銀行印12mm【K様】
お約束の期日に無事に届きました。
この度は印鑑を作って頂きまして、どうもありがとうございました。
素敵な和紙のラッピングに包まれていましたので正直開封するのが勿体無いくらいでした。
一生大切に使わせて頂きます
黒水牛の実印16.5mm【T様】
中尾明文堂 様

お忙しい中、迅速なご対応をいただき、ありがとうございました。
先日受け取り、今日の誕生日プレゼントに渡すことができました。

プレゼントしたら、ものすごい喜んでもらえました。ニヤニヤしながらハンコを眺め、
何回も試し押ししてニヤニヤし…押しやすいと大絶賛でした。
本当にありがとうございました
黒水牛の銀行印15mm【F様】
この度は、大変お世話になり有難うございました。昨日、無事に受取りました。

大安の日に、大切に届けて下さった中尾明文堂様の温かいお心遣いを感じ、とても嬉しく思いました。
初めて自分の印鑑をもった息子は、立派で美しい印鑑にただただ感動しておりました。大切に使わせていただきます。
今後とも宜しくお願いいたします。
実印18mm 完全手彫り【K様】
お世話になっております
本日、商品が無事に届きました

素晴らしい彫り、美しい印鑑を見てすごく気に入りました!
保証書、鑑定書、朱肉も付けていただき本当に感激しました。

大安の日に印鑑証明を作り、一生大切に使います!
本当にありがとうございました!

すべてのお客様の声を見る

上に戻る

開運吉相印鑑のご注文

  • 実印/男性の開運印鑑
  • 銀行印/男性の開運印鑑
  • 認め印/男性の開運印鑑
  • 実印・銀行印2本セット/男性の開運印鑑
  • 実印・認め印2本セット/男性の開運印鑑
  • 銀行印・認め印2本セット/男性の開運印鑑
  • 実印・銀行印・認め印3本セット/男性の開運印鑑
  • 実印/女性の開運印鑑
  • 銀行印/女性の開運印鑑
  • 認め印/女性の開運印鑑
  • 実印・銀行印2本セット/女性の開運印鑑
  • 実印・認め印2本セット/女性の開運印鑑
  • 銀行印・認め印2本セット/女性の開運印鑑
  • 実印・銀行印・認め印3本セット/女性の開運印鑑
  • 手彫り開運印鑑
  • パール柘植の開運印鑑
  • 開運会社印鑑の通販
  • 印鑑ケース

上に戻る

開運吉相印鑑について

印鑑の供養

吉日カレンダー

印鑑用語辞典

開運印鑑とは、古来からの占術、学問を組み合わせた縁起のよさを追求した印鑑です

開運印鑑開運吉相印鑑とは、 中国古来からの九星・五行・方位をもとに、姓名・生年月日の運気を調べ、印相上の八方位にしたがって印相をつくります。易学、気学、方位学、九星学、姓名学、運命学、印相数霊学といった、古今のあらゆる要素をとりいれ、印材、字体、彫刻のすべてにわたって総合的な調和をはかってつくられるのが開運吉相印鑑です。中尾明文堂・ネット店では、あなたのお名前、生年月日を鑑定し、あなたに最も相応しい吉相をつくり、神社にてご祈祷お祓いをしていただいた印材を用いて、一級印章彫刻技能士が仕上げ刀で1本1本、念を込めて手仕上げいたします。

一級印章彫刻士が手仕上げ

上に戻る