• はじめての方へ
  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問Q&A
  • お客様の声
  • 中尾明文堂について
  • 中尾明文堂へのアクセス
  • お問い合わせ
  • 買い物かご

中尾明文堂とは

ホーム > 中尾明文堂について

中尾明文堂というお店の名前の由来

中尾明文堂(なかおめいぶんどう)というお店の名前の由来ですが、「店主の名前(上野山)と違うのはなぜ?」というご質問を稀に頂くので、ここで店名の由来についてご説明させていただきます。初代中尾明文堂の店主は、彫刻士「中尾勝次郎」という名前で、その姓から店名がつけられました。その後、2代目店主「上野山芳松」が中尾勝次郎の下で修行をし、譲り受けた時から店の名前は変えずに現在に至ります。

有田市について

和歌山県有田市のみかん

和歌山県有田市は、「有田みかん」の産地として、全国的に高い評価を頂いております。 「全山に黄金吹くかとも見紛うほどの見事さ」と、有吉佐和子の小説「有田川」にあるように、 10月から12月にかけて市内のみかん山はオレンジ色一色に染まります。 また、5月には一面にみかんの花が咲き乱れます。 温州みかん、夏みかん、はっさく、ネーブル、いよかん、清見オレンジなど、時季に応じておいしく食べていただける柑橘がたくさんあります。

世界遺産、熊野古道の通る街

有田市には、世界遺産の熊野古道が通っています。熊野参詣は平安時代中期に起り、その後中世に盛んになったが、その道が熊野街道です。 有田市においては、下津町より蕪坂を下り、宮原を経て、有田川を渡り、糸我へ着き、糸我峠より湯浅へと通じています。途中には後鳥羽上皇御幸の際昼食をされた御茶屋の芝昼養所、宮原渡し場跡などがあります。

タチウオ漁獲量日本一

有田市で漁獲される魚の中で最も多く獲れるのは、タチウオです。 そのほとんどは紀伊水道の沖合いで小型底びき網漁船により漁獲され、箕島漁港に水揚げされます。全国の漁獲量は平均1万5千トンですが、このうち有田市で平均1千9百トン(12.7%)の水揚げをしており「日本一の漁獲量」を誇っています(平成14年〜18年のデータから算出)。

有田川の鵜飼

有田川の鵜飼は全国唯一の「徒歩(かち)漁法」で、一人の鵜匠(うしょう)が一羽の鵜を綱で操りながら、数人が一団となり、松明を掲げて川の中に入って鮎を捕ります。 見物客は屋形船の中からそれを眺め、涼を呼ぶ夏の風物詩で、毎年6月から8月まで有田川流域で行われています。 この漁法は、鳥屋城城主・石垣氏が室町時代初期の応永年間(1394〜1427)に、木曽川の鵜匠を呼び、地元の人に教えたのが始まりといわれています。

引用:上記の写真と文章は、有田市ホームページより引用させて頂いております。

実店舗では現在、当サイトの開運印鑑を購入することが出来ません。
ご注文は当サイト、お電話、FAXにてお願いいたします。

ただいま、実店舗では当サイトの開運印鑑の販売をストップしております。現在、4代目は近隣の工房にて作業を行っておりますので、実店舗にはおりません。実店舗で販売している印鑑は当サイトに掲載している内容とは異なりますのでご注意ください。

中尾明文堂の開運印鑑のご注文は開運印鑑の中尾明文堂、お電話(0737-23-7567)、FAX(0737-23-7568)、にてお願いいたします。予めご了承くださいませ。 >> お電話、FAXでのご注文について

明治29年創業、代々にこだわる老舗印判店です

中尾明文堂は、有田みかんで有名な和歌山県有田市にお店をかまえる、創業より100年以上続く老舗印判店です。実店舗は代々、有田市近隣の企業さま、住民の皆さまにごひいきにして頂いております。

当店のセールスポイントは何といっても、縁起の良い開運印鑑と、100年以上代々受け継がれてきた技術を持つ、彫刻職人の技術を組み合わせた、縁起が良くも美しい印相を持つ究極の開運印鑑です。

現在の店主は四代目の上野山有徳です。彫刻歴35年以上の彫刻職人でもある三代目、上野山正時と共に開運印鑑を日々作っております。 おかげさまで、当店の縁起がよくも美しい開運印鑑が大好評をいただきまして、オンラインショップ開運印鑑の中尾明文堂と共に、会社印鑑の専門店を開店し、日々成長を続けております。

明治29年創業、代々にこだわる老舗印判店です

中尾明文堂のお店は、JR紀勢本線箕島駅の近くにあります。眼前には有田川が流れ、裏側は本町商店街になっています。 有田川に面したお店の前の通りは国道480号線で、国道42号線を有田大橋の手前で左に折れる(国道480号線)とすぐのところにあります。

中尾明文堂へのアクセス

中尾明文堂ネット店は事務所兼工房として実店舗の近くにあります。四代目の上野山有徳は普段はこちらで作業を行っております。 ネット店の事務所風景
中尾明文堂の店内 中尾明文堂のお店の中です。奥が正面入口、手前が商店街側です。ネット店とお店は扱っている商品などが異なりますのでご来店の際はご注意ください。
お店の正面です。国道480号線に面しています。皆さん、こちらからお店に来られます。 国道480号線に面した入口
有田市本町商店街に面した入口 有田市本町商店街に面した入口です。 箕島駅から歩いて来られる場合はこちらの方が近い入口になります。
お店の正面を通っている国道480号線(西側)。そのすぐ隣を流れるのは有田川。遠くに見える橋は有田大橋です。 国道480号線と有田大橋
歩道に埋め込まれている有田市の花「みかん」と和歌山県の花「うめ」 国道に沿った歩道に飾られている、有田市の花「みかん」と、和歌山県の花「うめ」。有田みかんの有田市、南高梅のみなべ町はご存知の方が多いのではないでしょうか。
夕日と有田大橋。有田川とはいいますが、2キロも西にいくと海(紀伊水道)になります。橋の向こうには下津港があります。 夕日と有田大橋

中尾明文堂の四代目店主「上野山有徳」

四代目店主 上野山有徳現店主の上野山有徳(うえのやまゆうとく)と申します。現在、彫刻職人になるための修行中です。 ネットショップ運営と受注対応、彫刻にアドバイスと、店主として総合的な役割を担っています。

印鑑の奥の深さに魅せられて、暇さえあれば印鑑を彫っています。 日頃から心がけていることは、その日のエネルギーはその日の内に使う事です。 疲れがたまってくると、店の前は海と山が見えるのでボ〜っと外を眺めたりています(笑)。

平日は仕事が忙しいので、せめて休日は外に出かけています。

印鑑を彫刻中
印鑑を彫刻中
旅行中
旅行中のひとコマ(笑)

中尾明文堂へお越しの際は

実店舗では現在、当サイトの開運印鑑を購入することが出来ません。
ご注文は当サイト、お電話、FAXにてお願いいたします。

ただいま、実店舗では当サイトの開運印鑑の販売をストップしております。現在、4代目は近隣の工房にて作業を行っておりますので、実店舗にはおりません。実店舗で販売している印鑑は当サイトに掲載している内容とは異なりますのでご注意ください。

中尾明文堂の開運印鑑のご注文は開運印鑑の中尾明文堂、お電話(0737-23-7567)、FAX(0737-23-7568)、にてお願いいたします。予めご了承くださいませ。 >> お電話、FAXでのご注文について

ネット店連絡先
所在地 〒649-0304
和歌山県有田市箕島848-1
エル箕島(Ⅰ) 201号
連絡先 TEL:0737-23-7567
FAX:0737-23-7568
E-mail:info@kaishain.jp
営業時間 午前9:00〜午後5:00
(土日祝祭日は除く)
実店舗連絡先
所在地 〒649-0304
和歌山県有田市箕島441-4
連絡先 TEL:0737-82-4443
営業時間 お電話でお問い合わせ下さい。
※営業時間の日時は不定期です。

上に戻る

お買い物ガイド

開運印鑑のご注文についてのご案内です。
ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ:0737-23-7567 FAXでのお問い合わせ:0737-23-7568

メールでのお問い合わせ

FAXでのご注文

Adobe Reader

印鑑、開運に関するお問い合わせ、ご質問はお気軽に!

お電話(0737824443)は平日午前9時から午後5時まで。

中尾明文堂 facebook

上に戻る

中尾明文堂について

高野山、熊野三山、熊野古道といった日本でも有数の霊的な聖地が存在する和歌山県、有田市(ありだし)において、明治29年創業、118年の歴史を持つ老舗です。初代店主は彫刻士「中尾勝次郎」でした。 2代目店主、上野山芳松が中尾勝次郎の下で修行をし、譲り受けた時から店の名前は変えず現在に至ります。 現在は一級印章彫刻技能士である、上野山有徳が4代目を引き継いでいます。代々引き継がれてきた印相や姓名学の知識と彫刻技術、霊的聖地の集まる和歌山にてご祈祷した印材。開運吉相印鑑を作るための条件が十分に揃っています。

開運印鑑をご注文されたお客様の声

黒水牛の実印・銀行印・認め印 3本セット【N.S様】
お世話になっております。無事に頂戴いたしました。
丁寧なご説明と品質、ありがとうございました。大変満足しています。
良い門出になると思います。
柘植の実印【Y.T様】
お世話になっております。
本日、商品が無事に到着いたしました。
予定よりも早く届けてくださり大変助かります。
大変丁寧な梱包や解説書と朱肉もつけてくださったことに感動いたしました。
素敵な実印を作ることができ嬉しいです。
このご縁に感謝致します。大切に使わせていただきます。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
とりいそぎ、御礼のご連絡のみにて失礼致します。
パール柘植の銀行印【S.K様】
本日、注文しておりました銀行印を受け取りました。
素晴らしい彫りの美しい印鑑を一目見て惚れ惚れしてしまいました。とても良い印鑑を本当にありがとうございました!
立派な保証書と鑑定書も付けていただき感激です。鑑定内容を念頭に置き、日々過ごしていきたいと思います。
さっそく現在使っている銀行印を新しい印鑑に変更してこようと思います。何だか心がわくわくします。
その後、以前使っておりました印鑑を供養し、処分していただきたいと考えております。
御社に印鑑を送らせていただきたいのですが、どのようにしたら良いか教えていただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
柘植の実印・銀行印 2本セット【S.K様】
主人の印鑑が昨日届きました。
立派な印鑑で主人も私も大変気に入りました。
大事に使いたいと思います。
本当にありがとうございました。
パール柘植の実印【M.E様】
おはようございます。
昨日、大安の日曜日に実印を受け取りました。
さすが、実印ということで、ケ−ス一つとっても違うな!と思いました。
印影も素敵でした。次の友引の日に印鑑登録に行こうと思っています。
今回は急ぎでの注文に対応していただき、GWにもかかわらず大安に到着できるように送っていただきました。
ありがとうございました。
やはり、大安日に受け取れて、うれしく思いました。気持ちがちがいますね。
また、先日、「銀行印、認印」を注文した際に朱肉をいただいており、2個目になるな!と思っておりましたところ、
朱肉をかわいい印鑑袋に変えて送っていただきました。
もちろん、「印鑑の仕上がりが素晴らしいから」ということが当然ですが、ネットでありながら感じる、その細かな心遣いがすばらしいな!と感激いたしました。、
私のまわりで印鑑を作りたいという話を聞きましたら、是非こちらを紹介したいと思います。
ありがとうございました。大事に使わせていただきます。
白水牛(純白)の実印・銀行印 2本セット【H様】
本日、無事商品が届きました。
素晴らしい印鑑を作成いただきありがとうございました。
とても満足しております。
黒水牛の実印【Y.Y様】
きれいな包装紙に包まれ、大事に大事に届けて頂いて中尾文明堂様のお気持ちがとても嬉しくて、箱を開ける前からもう感動してしまいました。
もちろん、印鑑はとても気に入りました。印鑑を捺すたびに笑顔になります。
娘の印鑑も昨日こどもの日に渡すことができて、何よりのプレゼントになりました。ありがとうございました!今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
白水牛(純白)の認印 / 象牙極上の実印・銀行印 2本セット【G.M様】
こんばんは。
本日印鑑が届きました。
いつもながら、丁寧な包装と立派な印鑑ありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。。
芯持ち象牙の実印【S.M様】
芯持ち象牙実印を作って頂いたSと申します。
9日に拝受して、本日、友引でしたので印鑑証明登録を無事に済ます事が出来ました。
今までの印房店の中では、中尾明文堂さんの彫刻して頂いた印鑑が心の籠った立派な印鑑です。
前回の白水牛銀行印と今回の芯持ち象牙実印、中尾明文堂さんに大変お世話になりました。
又中尾明文堂さんにお願いしたいと思いますので宜しくお願い致します。
白水牛(純白)の実印・銀行印・認め印 3本セット【M様】
この度は大変お世話になりありがとうございました。
大安の日に届いたきれいに仕上げされた印鑑はとても綺麗な印影で娘もとても喜んでいました。彫がとても良いです。感動です。
取り急ぎお礼まで。

すべてのお客様の声を見る

上に戻る

開運吉相印鑑のご注文

  • 実印/男性の開運印鑑
  • 銀行印/男性の開運印鑑
  • 認め印/男性の開運印鑑
  • 実印・銀行印2本セット/男性の開運印鑑
  • 実印・認め印2本セット/男性の開運印鑑
  • 銀行印・認め印2本セット/男性の開運印鑑
  • 実印・銀行印・認め印3本セット/男性の開運印鑑
  • 実印/女性の開運印鑑
  • 銀行印/女性の開運印鑑
  • 認め印/女性の開運印鑑
  • 実印・銀行印2本セット/女性の開運印鑑
  • 実印・認め印2本セット/女性の開運印鑑
  • 銀行印・認め印2本セット/女性の開運印鑑
  • 実印・銀行印・認め印3本セット/女性の開運印鑑
  • パール柘植の開運印鑑
  • 開運会社印鑑の通販
  • 印鑑ケース

上に戻る

開運吉相印鑑について

印鑑の供養

吉日カレンダー

印鑑用語辞典

開運印鑑とは、古来からの占術、学問を組み合わせた縁起のよさを追求した印鑑です

開運印鑑開運吉相印鑑とは、 中国古来からの九星・五行・方位をもとに、姓名・生年月日の運気を調べ、印相上の八方位にしたがって印相をつくります。易学、気学、方位学、九星学、姓名学、運命学、印相数霊学といった、古今のあらゆる要素をとりいれ、印材、字体、彫刻のすべてにわたって総合的な調和をはかってつくられるのが開運吉相印鑑です。中尾明文堂・ネット店では、あなたのお名前、生年月日を鑑定し、あなたに最も相応しい吉相をつくり、神社にてご祈祷お祓いをしていただいた印材を用いて、一級印章彫刻技能士が仕上げ刀で1本1本、念を込めて手仕上げいたします。

一級印章彫刻師が手仕上げ

上に戻る